2017年02月08日

認知症あんしんナビ

京都地域包括ケア推進機構のホームページにリンクされている認知症あんしんナビには、認知症ケアパスに関する資料があります。認知症ケアパスのパスはpathwayのパスで、初期から最後までの継続的なケアを表します。府民向けのページには、その概要のイラストととポップアップ形式の説明が表示され、各自の生活歴や認知症セルフチェックを記録する「私の覚え書き」がダウンロード出来ます。専門職向けのページでは、この認知症ケアパス概要シートが、「利用経過記入シート」として個々の事例の検討に利用出来る様に表示されています。また、社会資源検索のページでは、重症度や地域、サービス利用の範囲を指定すると、利用可能なサービスが赤で表示されて、クリックすると事業所のリスト等が表示されます。また、ここからは、京都式認知症ケアパス情報共有シートがダウンロード可能となっています。4ページにわたる詳細な情報の記入が必要ですが、長期間にわたる継続的なケアパスを考えると、経過中のどこかで作成しておくことは、ご本人にとっても、支援する専門職にとっても大変有用な情報共有のツールとなります。
posted by スクルージ at 04:59| Comment(0) | リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: