2017年01月06日

ご挨拶

平成27年度から、中京区(京都市)では「中京医療介護連携ネットワーク(地域の地域連携室)」プロジェクトに取り組んでいます。そのために設置した「中京区在宅医療センター地域連携室」からのお知らせをこのブログを通じて順次行ってゆきます。このプロジェクトは、2025年にむけての地域包括ケアシステム構築をめざした医療・介護・福祉の多職種による、当事者・家族・地域・および専門職(いわゆるステークホルダー)のための、地域ベースのケア統合の取り組みです。現在、その協議機関とした、「中京区在宅医療連携推進実務担当者会議」で、「退院支援」と「在宅資源」の二つのワーキンググループがそれぞれ、「入院時支援〜CMと病院のゆるいルール」と「中京区在宅療養資源マップ」の作成に取り組んでおり、それとは別に「難病」ワーキンググループと、2011年から組織されている「中京区認知症連携の会」で、それぞれ難病と認知症について、地域の医療介護連携の課題を協議しています。そしてそうした4つの「ワーキンググループ」の協議と連動して2ヶ月に1回オープンな「地域包括ケア時代の在宅医療連携を考えるワークショップ」を行っています。それぞれの協議から生まれた資料は、順次このブログでお知らせしますが、ダウンロードには中京在宅医療センターホームページをご利用下さい。
posted by スクルージ at 06:49| Comment(0) | タイムライン